Network > Colocation Gateway > コンソール使用ガイド

コンソールでColocation Gatewayサービスを使用する方法を説明します。

コロケーションゲートウェイ

コロケーションゲートウェイの作成

コロケーションゲートウェイを作成する方法は次のとおりです。

[参考] NHN Cloud Zoneに事前に登録されたVPCのみオンプレミスネットワークと通信できます。オンプレミスネットワークと通信を行いたいVPCはコロケーションゲートウェイ作成前に必ずNHN Cloudサポート1:1お問い合わせまでお問い合わせください。
[注意] NHN Cloud Zoneに事前に登録されていないVPCを選択してコロケーションゲートウェイを作成すると、オンプレミスネットワークとの通信はできず、同じNHN Cloud Zoneに接続された他のVPCとの通信のみ可能です。

  1. Network > Colocation Gatewayに移動します。
  2. コロケーションゲートウェイ作成ボタンをクリックすると、作成画面が表示されます。
  3. コロケーションゲートウェイに使用する名前を入力します。
  4. VPCを選択します。
    選択されたVPCをNHN Cloud Zoneに接続します。
    VPCは1個のNHN Cloud Zoneのみ接続できます。
  5. NHN Cloud Zoneを選択します。
  6. 確認ボタンをクリックします。

コロケーションゲートウェイの照会

作成したコロケーションゲートウェイはNetwork > Colocation Gateway画面で確認できます。コロケーションゲートウェイを選択すると、下部にコロケーションゲートウェイ情報が表示されます。

コロケーションゲートウェイの変更

コロケーションゲートウェイを変更する方法は次のとおりです。名前説明のみ変更できます。

  1. Network > Colocation Gatewayに移動します。
  2. コロケーションゲートウェイ変更ボタンをクリックし、変更画面で項目を変更します。

コロケーションゲートウェイの削除

コロケーションゲートウェイを削除するにはNetwork > Colocation Gateway画面で削除するコロケーションゲートウェイを選択し、コロケーションゲートウェイ削除ボタンをクリックします。

コロケーションゲートウェイの使用

同じNHN Cloud Zoneに接続されたVPC間の通信は、NHN Cloud Zoneでコロケーションゲートウェイ作成時にVPCに設定されているCIDR値を利用してLongest prefix matchingにルート処理を行います。CIDRが重複している場合は、重複対象のうち任意の1つのVPCのみ通信されます。

コロケーションゲートウェイルート設定

  1. Network > VPC > ルーティングに移動します。
  2. コロケーションゲートウェイを作成したVPCルーティングテーブルを選択します。
  3. 下部に表示されるルーティングテーブル情報からルートタブを選択します。
  4. ルート作成ボタンをクリックすると、作成画面が表示されます。
  5. 対象CIDRを入力します。
    オンプレミスネットワークCIDRまたは同じHN Cloud Zoneに接続した他のVPCのCIDR
  6. ゲートウェイゲートウェイ選択リストからTRANSIT_GATEWAYを選択します。

    [参考] TRANSIT_GATEWAY項目はコロケーションゲートウェイ作成を利用して作成できます。

TOP