Network > VPN Gateway(Site-to-Site VPN) > 概要

VPCと顧客のオンプレミスネットワークの間に暗号化されたネットワーク接続を行うことができる機能を提供します。

概念

  • ローカルゲートウェイ:NHN CloudでVPNトンネル構成に割り当てられるリソースです。
  • リモートゲートウェイ:オンプレミス側でVPNトンネル構成に割り当てられるリソースです。
  • VPNトンネル:リモートゲートウェイとローカルゲートウェイの間に構成される暗号化されたリンクです。

主な機能

  • VPCと顧客のオンプレミスネットワークの間で暗号化されたネットワーク接続ができます。
  • 帯域幅(outbound基準保障)は20M、50M、100M、1Gの中から選択できます。
  • 暗号化アルゴリズムはAES、DES、3DESの中から選択できます。
  • データ完全性アルゴリズムはMD5、SHA1の中から選択できます。
  • ネットワークACLを適用できます。
  • 現在は韓国(ピョンチョン)リージョンにのみ提供されます。今後、別のリージョンもサポートする予定です。

制限事項

  • VPN接続にはIPv6トラフィックがサポートされません。 IPv4トラフィックのみサポートされます。
  • VPCをオンプレミスネットワークに接続する場合、互いにネットワークアドレスが重ならない帯域を使用する必要があります。
  • VPC単位でVPN Gatewayを作成し、使用する帯域幅を設定できます。1つのVPN Gatewayに属するVPN接続は、すべて同じ帯域幅を利用します。例えば、最初にVPN接続を20Mbpsで作成した場合、そのVPCで後で追加作成するVPN接続はすべて20Mbps帯域幅を使用します。別の帯域幅を使用するには別のVPCで最初のVPN接続を作成するときに帯域幅(20M、50M、100M、1Gから選択)を指定して作成できます。
  • VPN GatewayはVPC毎に1つずつ作成できます。
  • 各VPN Gatewayの最大接続数は10です。
  • VPNに接続されたVPCは、ピアリングを使用して別のネットワークにアクセスしたり、その他のGatewayを介して別のネットワークまたはサービスにアクセスすることをサポートしません。
TOP