CloudTrail > コンソール使用ガイド

始める

CloudTrailは、組織を有効にするとデフォルトで提供されるサービスです。したがって、組織を作成している場合は別途行う作業はありません。 組織を作成した後、サービス選択でCloudTrailサービスを選択すると使用できます。

cloudtrail_01

リスト

CloudTrailサービスを選択すると、次のような画面が現れます。

cloudtrail_02

該当組織内でユーザーイベントが記録され、これを確認できます。

検索およびソート機能

cloudtrail_03

  1. プロジェクトを検索します。名前単位でのみ検索できます。
  2. ソース(イベントが発生した場所)単位で検索します。
    • ADMIN_CONSOLE:管理者コンソールで発生したイベント
    • API:システム内部的に発生したイベント
      • [参考]パッチ作業や予約された作業、アラームなどのイベントが記録されます。
    • USER_CONSOLE:組織内部会員ユーザーコンソールで発生したイベント
  3. サービス単位で検索します。
    • サービスは複数の項目を検索できます。
    • [参考]サービスはNHN Cloudサービス単位です。
  4. イベント単位で検索します。
    • イベントは複数の項目を検索できます。
  5. ユーザーを検索します。
  6. リクエスト、レスポンス値を検索します。
  7. 検索範囲を指定します。24時間、1週間、2ヶ月、3ヶ月単位フィルタが提供され、直接指定できます。
    • [参考]イベントは最大3ヶ月間保存されます。
  8. リスト表示単位を指定します。1画面に複数のリストを表示するか、20、50、100個単位に設定できます。

  • ソート機能は時間項目でのみ使用できます。

詳細表示機能

cloudtrail_04

行を選択すると該当の行が拡張され、詳細イベントが表示されます。

リクエストとレスポンス結果を表示し、どんなリクエストを送ったかを確認できます。

ログ保存/ダウンロード設定

該当組織内で記録されたユーザーイベントログを外部Object Storageへ保存/ダウンロードできます。 ログ保存/ダウンロード設定 ボタンを押した後、ダイアログボックスで使用するかどうかを選択します。

cloudtrail_06

  • 以下ではNHN Cloud Object Storageを利用したログ保存/ダウンロード方法を説明します。
  • アクセスキーシークレットキーAWS S3 APIを利用したEC2資格証明登録および照会で確認できます。
  • バケット名はログが保存されるObject Storageコンテナの名前です。
  • エンドポイントリージョンはログを保存するObject Storageを管理する情報で、Amazon S3互換APIガイド - AWS SDKで確認できます。
  • 設定が完了すると、設定したObject Storageにログが保存されます。
  • 保存されたログは2時間~2時間半後、Object Storageにアップロードされてから確認可能です。
  • 3回以上アップロードに失敗すると、保存された認証情報が無効になります。結果受信(メール)に登録されたメールへ内容が配信されます
TOP