Dooray! > Calendar > サービスガイド

カレンダー追加

個人カレンダー追加

左リスト > 個人カレンダーから「+」ボタンを選択すると、カレンダーを追加できます。カレンダー追加画面でカレンダー名とカレンダーのカラーを選択し、通知などを設定することができます。共有権限設定をせずに登録すると一般カレンダーで作成され、共有権限設定でメンバーを追加すると、共有カレンダーとして作成されます。(共有カレンダーはカレンダーリストに、'[共有]+カレンダー名' の形式で表示されます。)

캘린더

[図1]

プロジェクトカレンダー追加

カレンダーでプロジェクトのスケジュールを確認したい場合は、プロジェクト設定画面でカレンダー連動を「使用」に設定してください。(プロジェクト設定は対象プロジェクトの管理者権限を持つユーザーのみ操作可能です。)プロジェクトカレンダーを設定すると、カレンダーで対象プロジェクトのマイルストーンとタスクの期日を確認できます。

캘린더

[図2]

캘린더

[図3]

予定登録

新しい予定登録

カレンダー左上「+新しい予定」から予定を登録できます。登録先のカレンダー、タイトル、時間、繰り返し設定や通知設定の有無などを選択して、予定を作成することができます。予定に参加者を追加する場合、右側の領域に選択された参加者のスケジュールが表示され、全員が参加可能な時間帯を推奨してくれます。

参加者のスケジュール

参加者のスケジュールでは、一般メンバーだけでなく、メールグループ(メール)、メンバーグループ(プロジェクト)を選択したときも、対象グループのスケジュールを確認することができます。 参加者のスケジュールを確認できる画面では、次のような機能を提供します。 - 予定あり:該当の参加者の基本カレンダーに登録された予定を表示します。 - 選択した時間:予定登録/編集時に選択されている時間帯を表示します。時間は希望する時間帯に変更できます。 - 推奨時間:参加者の空き時間が一番多い時間帯を表示します。 また、参加者の勤務時間が設定されている場合は、その部分も反映して推奨します。

캘린더

[図4]

予定の簡単登録

カレンダーの日間/週間/月間ビューから希望の時間帯を選択(クリック)したり、ドラッグしたりして予定を簡単に登録することができます。簡単登録画面では、予定のタイトルだけ入力しても登録できます。ほかにも登録先のカレンダーや、時間、参加者、場所を入力することもできます。参加者には一般メンバーだけでなく、メールグループ(メール)、メンバーグループ(プロジェクト)、外部メールも追加することができます。

캘린더

[図5]

予定のオプション設定

カレンダー選択 ドロップダウンメニューから、希望のカレンダーを選択して予定を登録することができます。

参加者選択 参加者には一般メンバーだけなく、メールグループ(メール)、メンバーグループ(プロジェクト)、外部メールも追加することができます。参加者を指定すると、基本は「必須」で登録されます。「任意」参加にしたい場合は、対象者の「必須」ボタンをクリックすると、「任意」に切り替えることができます。

時間選択 希望する日付の開始時間と終了時間を選択したり、「終日」をチェックして終日予約も登録できます。

繰り返し設定 繰り返し設定ボタンをクリックして、繰り返しの頻度と期間を設定します。登録された繰り返し予約は、あとから「この予定だけ編集」「以降をすべて編集」「すべて編集」のメニューから、それぞれ修正することができます。

通知設定 登録した予定の開始時間前に通知を受けるか選択することができます。希望の通知時間と種類(メールまたはカレンダーアプリ)を設定することができます。

設定(予定あり/空き時間) 予定に対して「予定あり」「空き時間」を選択しておけば、他人が自分の空き時間を確認するとき、その表示を調整することができます。例えば、「空き時間」を選択すると、相手には該当の時間が招待可能な空き時間として表示されます。

ビデオ会議

「ビデオ会議(Roundee)」オプションを活用して参加者たちとビデオ会議を進行することができます。最大6名まで参加ができ、制限時間もありません。ビデオ会議で提供される様々な会議ツールを活用して協業に役立ててください。

캘린더

[図6]

予定編集

編集する予定を選択します。予定の登録者はすべての項目を修正できますが、予定に招待されたメンバーは、参加者のみ追加できますが、保存後は追加した参加者を再び削除することはできません。また、参加者も通知を設定したり、添付ファイルを追加することは可能です。

予定削除

登録者が予定を削除すると、対象の予定が完全削除され、参加者には予定のキャンセルメールとストリームが送信されます。このとき、予定をキャンセルする理由を登録して、キャンセルメールとともに共有することができます。参加者が予定を削除する場合は、登録者に該当の参加者が予定を辞退したことを知らせるメールが送信され、参加者のカレンダービューには該当の予定が表示されなくなります。共有カレンダーの場合は、予定の編集権限を持つユーザーのみ予定を削除することができます。

予定の出欠回答

予定に参加者として招待された場合、承諾/未定/辞退の回答を選択することができます。未定や辞退で回答した場合、理由を入力して登録者に回答メールとともに共有することができます。

カレンダー表示

Doorayカレンダーでは、日間、週間、月間、2週間、3週間ビューを提供しています。カレンダー上段にあるドロップダウンメニューから、希望するカレンダービューを選択できます。また、カレンダー設定から希望のカレンダービューを基本画面として設定することもできます。今日の日付には、日付に青色が表示されます。日間、週間の場合は、今日の日付に青い線で現時刻が表示され、一層便利に予定を確認することができます。

カレンダー管理

カレンダー共有

基本カレンダー、一般カレンダー共有時、それぞれ共有権限は下記のとおりです。共有されたメンバーは、権限に応じて予定の閲覧、登録/編集、カレンダー管理が可能です。

基本カレンダー共有時 - マスターの代わりに予定を管理する権限、予定の閲覧権限が設定可能

一般カレンダー共有時 - マスターの代わりに予定を管理、カレンダー/予定の管理、予定の管理、予定の閲覧権限が設定可能

メンバー権限 1. マスターの代わりに予定を管理:予定の閲覧、予定の登録/編集、カレンダー設定管理が可能で、予定登録/編集時には、カレンダーマスターの名前で更新されます。 2. カレンダーおよび予定の管理:予定の閲覧、予定の登録/編集、カレンダー設定管理が可能です。 3. 予定の管理:予定の閲覧、予定の登録/編集が可能です。 4. 閲覧:予定の閲覧のみ可能です。

カレンダー委任

基本カレンダー、一般カレンダーとも、カレンダーを委任(マスターの代わりに予定を管理)することができます。委任(マスターの代わりに予定を管理)権限を持つメンバーは、カレンダーの削除を除き、カレンダーマスターと同じ権限を持ちます。また、予定を登録/編集した場合は、カレンダーマスターが登録/編集したものとして反映されます。

マスターの代わりに予定を管理 - カレンダーマスターに代わって予定を管理できます。 - 委任されたカレンダーの予定を閲覧できます。 - 委任されたカレンダーに(カレンダーマスター名で)予定を登録することができます。 - 他の共有メンバーが登録した予定を編集したり、削除することができます。 - 委任されたカレンダーにメンバーを招待したり、削除することができます。

カレンダーを委任するには、希望のカレンダーの設定画面からメンバーを追加して、「マスターの代わりに予定を管理」権限を付与します。

캘린더

[図7]

共有カレンダーから退出

共有カレンダーの場合、カレンダーから退出することができます。 - 対象のカレンダー設定画面で「退出」ボタンを選択すると、対象のカレンダーから退出することができます。 - カレンダーマスターの場合は「退出」選択後、代わりのメンバーをマスターに変更してから退出できます。 - カレンダーから退出すると、共有メンバーから除外され、対象のカレンダーの予定はすべて表示されなくなります。

カレンダー削除

カレンダーマスターの場合のみ、カレンダーの削除が可能です。 - カレンダー設定画面から「カレンダー削除」ボタンを選択すると、対象のカレンダーを削除できます。 - 一般カレンダーを削除すると、該当のカレンダーが削除され、登録された予定がすべて削除処理されます。 - 共有カレンダーを削除すると、該当のカレンダーの共有メンバーが退出処理され、該当のカレンダーと登録されたすべての予定が削除されます。 - 基本カレンダーは削除できません。

カレンダー通知

予定別の通知設定

カレンダーの予定ごとに通知を設定することができます。 - 基本カレンダー/一般カレンダー:予定作成画面、編集画面から、希望する時間に通知を受ける設定ができます。 - 共有カレンダー:共有カレンダーの予定も通知設定ができます。 ただし、該当の通知は本人のみ反映され、共有メンバーには反映されません。

カレンダー別の通知設定

カレンダー設定画面から該当のカレンダーに登録された予定の基本(デフォルト)通知を設定できます。該当のカレンダーに予定が登録(or招待)されると、カレンダー設定画面で選択した通知の内容が基本で反映されます。

カレンダー別の通知オン/オフ

カレンダー設定画面から通知のオン/オフを選択することができます。通知「Off」を選択すると、該当のカレンダーに登録されたすべての予定に対して、通知が送信されなくなります

CalDAV設定

CalDAV を使って、Doorayカレンダーの予定を他のカレンダークライアントで確認することができます。連動を希望するカレンダークライアントのCalDAVアカウント追加(設定)画面に、CalDAVの設定情報を登録してください。 CalDAV 設定に必要な情報は、Doorayの「設定 > カレンダー > CalDAV」メニューから確認できます。

캘린더

[図8]

予定のインポート

他の外部カレンダーのスケジュールをDoorayカレンダーに移したい場合、インポート機能を利用すると簡単です。カレンダーの左リストで、登録を希望するカレンダーの設定メニューから「インポート」を選択すると、カレンダーインポート画面が提供されます。インポート画面に外部カレンダーでダウンロードしたiCalファイルを添付して「インポート」ボタンをクリックすると、対象のカレンダーに予定が登録されます。

캘린더

[図9]

プロジェクトカレンダー

カレンダーでプロジェクトのスケジュールも確認することができます。プロジェクト設定画面からカレンダー連動を「使用」で設定すると、希望するプロジェクトのスケジュールをカレンダーで確認することができます。(プロジェクト設定は対象プロジェクトの管理者権限を持つユーザーのみ操作可能です。)プロジェクトカレンダーを設定すると、カレンダーで対象プロジェクトのマイルストーンとタスクの期日を確認できます。

バーカレンダー

Doorayウェブサービスの下段領域で「バーカレンダー」を提供しています。バーカレンダーから基本カレンダーに登録されている今日の予定をすぐに確認できます。予定のある時間帯には色がつき、その部分をクリックすると、対象の予定を確認することができます。バーカレンダーは、「設定 > 基本設定 > バーカレンダー」から設定できます。(バーカレンダー領域にある設定アイコンをクリックすると、設定画面にそのままアクセスできます。)

캘린더

[図10]

バーカレンダー

DoorayカレンダーをGoogleカレンダーで購読する場合 : - Doorayカレンダーから購読URLをコピーする - 対象のDoorayカレンダーを選択し、「カレンダー設定」クリック -「公開設定」Onボタンをクリックして「公開カレンダーiCal形式URL」をコピー

캘린더

[図11]

  • Googleカレンダーに購読URLを追加する -「他のカレンダー」から「+」をクリックして「URLで追加」を選択
    • Doorayカレンダーでコピーした購読URL(iCal形式のURL)を追加

캘린더

[図12]

GoogleカレンダーをDoorayカレンダーで購読する場合 : - Googleカレンダーから購読URLをコピーする - マイカレンダーから対象のカレンダーを選択し、「設定と共有」をクリック - 「カレンダーの統合」から「iCal形式の非公開URL」をコピー

  • Doorayカレンダーに購読URLを追加する
    • 購読カレンダーを追加 -「購読カレンダーURL」にGoogleカレンダーでコピーした購読URLをペーストして保存

캘린더

[図13]

TOP