Network > DNS Plus > コンソール使用ガイド

ここではコンソールでDNS Zoneとレコードセットを管理する方法を説明します。

DNS Zone管理

メニューのDNS画面でDNS Zoneを管理できます。

image_01_ja_20210628

DNS Zone作成

  1. DNS Zoneはレコードセットを書き込んでいく大枠となるもので、DNSがサービスするホストの経路情報をこの中に定義していきます。DNS Zone作成ボタンをクリックして作成します。

  2. DNS Zone名説明を入力し、確認ボタンをクリックします。

    • DNS Zone名にユーザーが所有しているドメインまたはサブドメインをFQDN(fully qualified domain name)で入力します。
    • DNS Zone名は、ネームサーバーで唯一のものにする必要があります。ネームサーバーはゾーン作成と同時にNSレコードに登録されます。
    • 同じDNS Zone名は、ネームサーバーの数だけ作成可能です。ネームサーバーはプライマリ、セカンダリがペアで登録され、サービス内では3組のネームサーバーがあります。(ns.toastdns-※※※.com. あるいは ns.toastdns-※※※.net.というホスト名のネームサーバーで、2台が1組で提供されます。)
    • 作成が完了したら、デフォルトで作成されるNSレコードセットのネームサーバー情報をドメインに設定する必要があります。デフォルトで作成されるレコードセットはレコードセット管理で確認できます。
      • 新規で登録したドメインで作成した場合、ドメイン登録機関にネームサーバー情報を該当ネームサーバーに設定する必要があります。
      • 運営中のドメインのサブドメインで作成した場合、運営中のドメインにNSレコードセットをサブドメイン名と該当ネームサーバーに作成する必要があります。

image_02_ja_20210628

DNS Zone修正

  1. 修正するDNS Zoneを選択した後、DNS Zone修正ボタンをクリックします。

  2. 説明を修正し、確認ボタンをクリックします。

image_03_ja_20210628

DNS Zone削除

  1. 削除するDNS Zoneを全て選択した後、DNS Zone削除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。DNS Zone内のすべてのレコードセットも削除され、一定時間がかかります。

image_04_ja_20210628

レコードセット管理

メニューのDNS画面で、選択したDNS Zoneのレコードセットを管理できます。

  • DNS Zone名またはサブネームに対するレコードセットを、レコードセットタイプ別に作成できます。
  • DNS Zone名のSOAとNSレコードセットはデフォルトで作成され、修正および削除ができません。
  • SOAレコードセットは作成/修正/削除できず、NSレコードセットはDNS Zone名で作成/修正/削除できません。

image_05_ja_20210628

レコードセット作成

  1. レコードセットはサービスされるホスト情報で、レコードセット作成ボタンをクリックして作成します。

  2. レコードセット情報を入力します。

    • レコードセット名:サービスするホスト名でDNS Zone名またはサブネームになるようにFQDNで入力します。
    • レコードセットタイプ:ホストのタイプです。使用目的に応じてタイプを選択します。
    • TTL(秒):Time to live。データの有効期間を表します。ネームサーバーでレコードセット情報の更新周期を秒単位で入力します。右側のボタンをクリックして簡単に入力できます。
  3. レコードセットタイプに応じたレコード情報を入力します。

    • レコードセットタイプによって、異なるレコード値を入力する必要があります。作成画面下に表示される説明に従って入力します。
    • レコードセットタイプに応じて、複数のレコードを入力できます。画面右側の+ボタンをクリックするとレコードを追加でき、追加されたレコードの-ボタンをクリックするとレコードを削除できます。
  4. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

  5. レコードセットの作成数は制限されています。拡張が必要な場合は別途お問い合わせください。1:1お問い合わせ

image_06_ja_20210628

レコードセット大量作成

  1. レコードセット大量作成ボタンをクリックします。

  2. テンプレートダウンロードボタンをクリックしてダウンロードしたテンプレートにレコードセット情報を入力した後、ファイル選択ボタンをクリックしてテンプレートを選択します。

  3. テンプレートに入力した情報を画面で確認した後、確認ボタンをクリックします。

image_06_2_ja_20210802

レコードセット修正

  1. 修正するレコードセットを選択した後、レコードセット修正ボタンをクリックします。

  2. レコードセット名は修正できず、レコードセットタイプTTL(秒)レコード値は修正できます。

  3. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

image_07_ja_20210628

レコードセット削除

  1. 削除するレコードセットを全て選択した後、レコードセット削除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。

image_08_ja_20210628

レコードセット統計

  1. 確認するレコードセットを選択した後、レコードセット統計ボタンをクリックします。

  2. レコードセットの直近一週間のクエリー情報と平均レスポンス時間を確認できます。

image_09_ja_20210628

照会およびリスト表示

  1. タイプフィルタを利用して、選択したレコードセットタイプのみ表示できます。

  2. 検索語を入力し、Enter キーまたは検索をクリックすると、レコードセット名で検索します。

    • 検索語を含むすべての値を検索します。

image_10_ja_20210628

GSLBおよび接続されたPool管理

メニューのGSLB画面でGSLBを管理し、選択したGSLBのPool接続を管理できます。

image_11_ja_20210628

GSLBの作成

  1. GSLBドメインルーティングルールに従って安定的にトラフィックがロードバランシングされます。GSLB作成ボタンをクリックして作成します。

  2. GSLB情報を入力します。

    • GSLBの名前:作成されるGSLBの名前は英字(大文字/小文字)、数字、(-)、(_)で入力可能です。
    • ルーティングルール:GSLBドメインに対するロードバランシング方法にFAILOVER、RANDOM、GEOLOCATIONを選択できます。
      • FAILOVER:接続されたPoolのうち、使用可能なPoolを優先順位でルーティングします。
      • RANDOM:接続されたPoolのうち、使用可能なPoolをランダムに選択してルーティングします。
      • GEOLOCATION:設定された地域のトラフィックを該当の接続されたPoolにルーティングします。地域設定がない場合は優先順位でルーティングします。
    • TTL(秒):Time to liveでデータの有効期間を表します。GSLBドメインの更新周期を秒単位で入力します。右クリックして簡単に入力できます。
    • 状態:GSLBドメインを有効化するかどうかを選択します。
  3. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

  4. GSLBの作成数は制限されています。拡張が必要な場合は別途お問い合わせください。1:1お問い合わせ

image_12_ja_20210628

GSLBの修正

  1. 修正するGSLBを選択した後、GSLB修正ボタンをクリックします。

  2. GSLBの名前ルーティングルールTTL(秒)状態を修正し、確認ボタンをクリックします。

image_13_ja_20210628

GSLBの削除

  1. 削除するGSLBを全て選択した後、GSLB削除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。

image_14_ja_20210628

Poolの接続

  1. GSLBに接続するPoolを設定できます。Pool接続ボタンをクリックして接続します。

  2. 接続するPoolを選択し、ルーティングルールに従って設定情報を入力します。

    • 優先順位:数字が小さいほどルーティング順序が高くなり、既に接続しているPoolと同じ優先順位を入力した場合、既存Poolのルーティング順序が低くなります。ルーティングルールがFAILOVERまたはGEOLOCATIONの時に設定します。
    • 地域:設定した地域のトラフィックを接続したPoolにルーティングします。ルーティングルールがGEOLOCATIONの時に設定します。
    • 例) GSLBに下記の表のようにPoolが接続されている場合
      • FAILOVERの時はPool-Aにルーティングされます。
      • GEOLOCATIONの時、クライアントがNortheast Asia地域にある場合、Pool-Bにルーティングされます。
      • GEOLOCATIONの時、クライアントがWestern North America地域にある場合、Pool-Cにルーティングされます。
      • GEOLOCATIONの時、クライアントがWestern Europe地域にある場合、設定された地域がないため、優先順位に従ってPool-Aにルーティングされます。
    Poolの名前 優先順位 地域
    Pool-A 1
    Pool-B 2 Northeast Asia、Southeast Asia
    Pool-C 3 Western North America
  3. 確認ボタンをクリックします。

  4. Poolの接続数は制限されています。拡張が必要な場合は別途お問い合わせください。1:1お問い合わせ

image_15_ja_20210628

Pool接続の修正

  1. 修正するPoolを選択した後、Pool接続修正ボタンをクリックします。

  2. Poolは修正できません。ルーティングルールに従って設定情報を修正できます。

  3. 確認ボタンをクリックします。

image_16_ja_20210628

Pool接続の解除

  1. 接続解除するPoolを全て選択した後、Pool接続解除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。

image_17_ja_20210628

照会およびリスト表示

  1. GSLBリストに検索ワードを入力し、Enter Keyを押すか、検索をクリックするとGSLBの名前で検索します。

    • 検索ワードを含むすべての値を検索します。
  2. 接続されたPoolリストで検索ワードを入力すると、現在のリスト内でフィルタリングされます。

    • Poolの名前優先順位地域項目の中に検索ワードを含むすべてのPoolをフィルタリングして表示します。
  3. GSLB状態は下記のルールに従って表示され、接続されたPoolはPoolの状態を表示します。

GSLB状態 GSLB有効化/無効化 Pool状態
正常(緑) 有効化 1個以上が正常状態
エラー(赤) 有効化 正常状態がなく、1個以上がエラー状態
不明(灰色) 有効化 全て無効または不明な状態、
接続されたPoolがない状態
無効化(灰色) 無効化 無関係

image_18_ja_20210628

PoolおよびEndpoint管理

メニューのGSLB画面でPoolと、選択したPoolのEndpointを管理できます。

image_19_ja_20210628

Poolの作成

  1. エンドポイントをグルーピングする要素で、ルーティングルールが適用される最小単位です。Pool作成ボタンをクリックして作成します。

  2. Pool情報を入力します。

    • Poolの名前:作成されるPoolの名前を英字(大文字/小文字)、数字、(-)、(_)で入力できます。
    • 状態:Poolを有効化するかどうかを選択します。
    • ヘルスチェック:Pool内のエンドポイントのアクセシビリティを確認するヘルスチェックを選択できます。
  3. エンドポイント情報を入力します。

    • 複数のエンドポイントを入力できます。画面右の+ボタンをクリックしてエンドポイントを追加できます。追加されたエンドポイントの-ボタンをクリックしてエンドポイントを削除できます。
    • エンドポイントアドレス:ドメインアドレスまたはIPv4アドレスで入力できます。予約済のIPアドレスは入力できません。Pool内でエンドポイントアドレスは重複して使用できません。
    • 重み:0~1.00で入力できます。Pool内の他のエンドポイントの重みと相対的に動作します。同じ重みはPool内で同じ比重を持ちます。
    • 状態:エンドポイントを有効化するかどうかを選択します。
  4. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

  5. Poolの作成数、Pool内のエンドポイント数、エンドポイントの総数は制限されています。拡張が必要な場合は別途お問い合わせください。1:1お問い合わせ

image_20_ja_20210628

Poolの修正

  1. 修正するPoolを選択した後、Pool修正ボタンをクリックします。

  2. Poolの名前状態ヘルスチェックエンドポイントを修正します。

  3. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

image_21_ja_20210628

Poolの削除

  1. 削除するPoolを全て選択した後、Pool削除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。

image_22_ja_20210628

照会およびリスト表示

  1. Poolリストに検索ワードを入力し、Enter Keyを押すか、検索をクリックするとPoolの名前で検索します。

    • 検索ワードを含むすべての値を検索します。
  2. エンドポイントリストに検索ワードを入力すると、現在のリスト内でフィルタリングされます。

    • エンドポイントアドレス重み項目に検索ワードを含むすべてのエンドポイントをフィルタリングして表示します。
  3. Poolの状態は下記のルールに従って表示されます。

Pool状態 Pool有効/無効 ヘルスチェック設定 エンドポイント状態
正常(緑) 有効 接続 1個以上が正常状態
エラー(赤) 有効 接続 正常状態がなく、1個以上がエラー状態
不明(灰色) 有効 接続なし
接続の場合はエンドポイントの状態に準ずる
全て無効または不明な状態
無効化(灰色) 無効 無関係 無関係

image_23_ja_20210628

ヘルスチェックの管理

メニューのGSLB画面でヘルスチェックを管理できます。

image_24_ja_20210628

ヘルスチェックの作成

  1. 設定した値に応じてPool内のエンドポイントに対するアクセシビリティを確認できます。ヘルスチェック作成ボタンをクリックして作成します。

  2. ヘルスチェック情報を入力します。

    • ヘルスチェックの名前:作成するヘルスチェックの名前を英字(大文字/小文字)、数字、(-)、(_)で入力できます。
    • プロトコル:ヘルスチェックを実行する時、使用するプロトコルにHTTPS/HTTP/TCPを選択できます。選択したプロトコルに応じて入力できる情報が異なります。
      • HTTPS入力可能項目:証明書検証しない、ポート、パス、予想ステータスコード、予想レスポンス本文
      • HTTP入力可能項目:ポート、パス、予想ステータスコード、予想レスポンス本文
      • TCP入力可能項目:ポート
    • 証明書検証しない:ヘルスチェックが実行される時、エンドポイントのTLS/SSL証明書が無効でも無視できる設定です。
    • ポート:ヘルスチェックを実行する時に使用するポートを入力します。
    • パス:ヘルスチェックを実行する時に使用するパスを入力します。最初の文字は'/'にする必要があります。
    • 予想ステータスコード:ヘルスチェックに対する予想HTTP Status Codeレスポンスを入力します。ワイルドカードに'x'文字を入力できます。一致する場合はエンドポイントを正常と判断します。(例) 2xx, 20x, 200
    • 予想レスポンス本文:ヘルスチェックに対する予想レスポンス本文を入力できます。
    • 予想ステータスコード予想レスポンス本文を判断する時、エンドポイントからリダイレクトされたページについてはサポートしません。
  3. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

  4. ヘルスチェックの作成数は制限されています。拡張が必要な場合は別途お問い合わせください。1:1お問い合わせ

image_25_ja_20210628

ヘルスチェックの修正

  1. 修正するヘルスチェックを選択した後、ヘルスチェック修正ボタンをクリックします。

  2. ヘルスチェックの名前プロトコル証明書検証しないポートパス予想ステータスコード予想レスポンス本文を修正します。

  3. 設定完了後、確認ボタンをクリックします。

image_26_ja_20210628

ヘルスチェックの削除

  1. 削除するヘルスチェックを全て選択した後、ヘルスチェック削除ボタンをクリックします。

  2. 確認ボタンをクリックします。

image_27_ja_20210628

照会および基本情報

  1. ヘルスチェックリストに検索ワードを入力し、Enter Keyを押すか、検索をクリックすると、ヘルスチェックの名前で検索します。

    • 検索ワードを含むすべての値を検索します。
  2. ヘルスチェックを選択すると、ヘルスチェックに設定された基本情報を確認できます。

image_28_ja_20210628

TOP