Network > NAT Instance > 概要

NATインスタンスは、プライベートネットワークインスタンスから特定IPアドレス帯域にインターネットアクセスできるようにするインスタンスです。 韓国(坪村)リージョンでのみ提供する機能です。

主な機能

  • インターネットゲートウェイが接続されていないプライベートネットワークのインスタンスがNATインスタンスを介してインターネットにアクセスできます。
  • NATインスタンスのFloating IPをソースIPに変更してインターネットにアクセスします。
  • NATインスタンスまで転送されたパケットは、NATインスタンスのサブネットに接続されたルーティングテーブルのルート設定に基づいてパケットを転送します。
  • NATインスタンスのサブネットに接続されたルーティングテーブルには、該当NATインスタンスをゲートウェイにするルート設定を追加してはいけません。
  • インターネット上から始まった流入トラフィックは、プライベートネットワークのインスタンスが受信できません。
  • NATインスタンスを介してインターネットアクセスを許可する宛先IPアドレス帯域を指定できます。
  • NATインスタンスに接続して他のインスタンスに接続できます。
  • セキュリティグループを設定できます。
  • ネットワークACLを設定できます。
  • 二重化をサポートしません。
  • NATインスタンスは、ネットワークインターフェイス設定でネットワークソース/対象確認を必ず「無効」に設定する必要があります。
  • NATインスタンスでプライベートイメージを作成する場合、機能が正常に動作しない場合があります。

[参考] NATゲートウェイとの違い

区分 NATゲートウェイ NATインスタンス
可用性 二重化をサポート 二重化をサポートしない
メンテナンス NHN Cloudで管理 ユーザーが直接管理
セキュリティグループ 設定不可 設定可
ネットワークACL 設定可 設定可
SSH 使用不可 使用可

NATインスタンスの接続方法

Linuxインスタンス接続方法と同じです。Linuxインスタンスの接続方法

TOP