NHN Cloud > SDK使用ガイド > 開始する > Windows C++

サポート環境

  • Windows 7
  • Windows 10

NHN Cloud SDKの構成

Windows C++用NHN Cloud SDKの構成は次のとおりです。

Directory Description
docs/ Windows SDK文書
include/toast/ C++ ヘッダファイル
windows-sdk/lib32/ C++ Windows 32bitライブラリ
windows-sdk/lib64/ C++ Windows 64bitライブラリ
windows-sdk-sample/ サンプルプロジェクト

NHN Cloud SDKをVisual Studioプロジェクトに適用する

NHN CloudのDownloadsページでNHN Cloud Windows C++ SDKをダウンロードします。

ライブラリを含める

  1. メニューバーのProjectタブでPropertiesを選択します。
  2. C/C++ > General > Additional Include DirectoriesでSdkのヘッダファイルパスを設定します。
  3. Linker > General > Additional Library Directoriesでビルド環境(Debug/Release)とTarget Machine(x86、x64)に応じてライブラリを含めます。
  4. Linker > Input > Additional Dependenciesでビルド環境(Debug/Release)とTarget Machine(x86、x64)に応じて追加するlibを入力します。

[参考] https://msdn.microsoft.com/ko-kr/library/ms235636.aspx

TOAST Serviceの使用

TOP