Compute > Image > 概要

イメージはオペレーションシステムとアプリケーションを含む仮想ディスクで、インスタンスの基本ディスクで使用します。NHN Cloudではさまざまなオペレーションシステムとアプリケーションがインストールされたイメージをパブリックイメージとして提供しています。同時にユーザーがカスタマイズした環境をプライベートイメージとして保存し、テンプレートとして利用することもできます。

インスタンスの基本ディスクはイメージをベースに生成され、ユーザーの設定によってサイズを調節できます。ただし、基本ディスクサイズはイメージのサイズ以上でのみ調節できます。

NHN Cloudイメージの特徴は次のとおりです。

  • 仮想ハードウェアで最適に実行されるように設定されています。
  • 基本セキュリティーチェックを完了した状態で提供されるため、セキュリティー上の脅威に対し安全です。

イメージは大きく3つに区分されます。

  • パブリックイメージ
  • プライベートイメージ
  • 共有イメージ

NHN Cloudは個人イメージのアップロードをサポートしません。

パブリックイメージ

NHN Cloudで提供するイメージです。このイメージには仮想ハードウェアを最適に利用するようにオペレーションシステムがインストールされています。またお客様のサービスとアプリケーションで安心して使用できるように基本的なセキュリティー設定がされています。

NHN Cloudは現在CentOS、 Debian、 UbuntuとWindowsを提供しています。詳細な提供オペレーションシステムバージョンはNHN Cloudサービス紹介を参照してください。

一部イメージにはアプリケーションをインストールしてあるので、より迅速にサービスを構築できます。今後ユーザーの要望に応じてさまざまなアプリケーションを構築したパブリックイメージを提供する予定です。

プライベートイメージ

パブリックイメージを起動したインスタンスをユーザーがカスタマイズし、保存したイメージです。ユーザー自身が使用するサービスやアプリケーションに合わせて新たなアプリケーションのインストールや、各種オペレーションシステムの設定を変更し、プライベートイメージとして保存しておくことができます。

プライベートイメージはサービス増設に役立てられます。サービスを増設するためにパブリックイメージで新たなインスタンスを生成してサービスをインストールするには多くの時間がかかります。毎回面倒なインストール作業を繰り返すことなく、サービスに使用するイメージをあらかじめプライベートイメージで作成してインスタンス生成の際に使用するなら、サービスの負荷の急増に対し、さらに迅速に対処することができます。

プライベートイメージはImageサービスまたはComputeサービスの追加機能を利用して簡単に生成できます。詳細なイメージ生成方法はイメージコンソール使用ガイドインスタンスコンソール使用ガイドを参照してください。

共有イメージ

プライベートイメージを他のプロジェクトと共有するように設定できます。ただし、共有イメージは同じユーザーのプロジェクト間でのみ使用できます。

課金

イメージは生成した瞬間から生成したブロックストレージサイズ分、課金されます。

TOP