Game > GameAnvil > 概要

GameAvnilはJavaベースのリアルタイムゲームサーバーエンジンで、多数のゲームプロジェクトで使用されています。

GameAnvilを利用して、豊富なJavaエコシステムの恩恵を享受し、簡単かつ迅速にゲームサーバーを開発してみてください。一緒に提供されるクライアントコネクタとテストツールは、Webコンソールを使用して、簡単にゲームサービスを開発して準備できます。

Key Features

  • ファイバーベースのContinuationサポートと連続的コードの流れ
  • シングルスレッドとLock Free
  • 再接続時に、以前のセッションを自動回復
  • ユーザーマッチメイキングをサポート
  • ルームマッチメイキングをサポート
  • No SPOF(Single Point Of Failure)
  • ランタイムサーバーのスケーリングをサポート
  • サーバー間のユーザーとルームの転送
  • 専用テストシステムをサポート
  • 専用Webコンソールをサポート
  • クライアントコネクタをサポート(Unity、CocosCreator)
  • 無停止メンテナンスとパッチをサポート

用語

GameAnvilで使用する用語と説明です。

用語 説明
マシン GameAnvilインスタンス(プロセス)が実行される機器
インスタンス GameAnvilプロセス(JVM)の実行単位
ノード GameAnvilサーバー構成の最も基本となる単位詳細説明
マスターマシン Management Nodeが実行される機器
ロケーション管理マシン Location Nodeが実行される機器
マシン設定 マスターマシンとロケーション管理マシンを指定する作業
設定テンプレート ノードごとに設定値を保存して、多数のインスタンスで使用できるように提供

GameAnvil使用ライブラリ

次はGameAnvilで使用する4つのコアライブラリです。Quasar、ZeroMQ、Nettyはエンジン内部で使用するため、GameAnvilユーザーが直接使用することはありません。Protocol Buffersはメッセージをシリアル化/逆シリアル化する時に使用します。直接使用するかどうかにかかわらず、次の4つのライブラリを理解すると、エンジンを使用するときに役立ちます。

ライブラリ 用途
Quasar ファイバーベースのContinuationをサポート
ZeroMQ サーバーのIPC
Netty サーバー-クライアント通信
Protocol Buffers サーバー-クライアントメッセージのシリアライズ
TOP