Compute > Instance Template > コンソール使用ガイド

インスタンステンプレート作成

インスタンステンプレートを作成する時に必要な項目は次のとおりです。

分類 項目 説明
テンプレート情報 名前 インスタンステンプレートの名前
説明 インスタンステンプレートの説明、英字基準で最大255文字
インスタンス情報 イメージ 作成するインスタンスのOSイメージ
アベイラビリティゾーン インスタンスが作成される領域
インスタンス名 作成するインスタンスの名前
インスタンスタイプ 作成するインスタンスの仕様
キーペア 作成するインスタンスにアクセスするためのキー
ブロックストレージタイプ 作成するインスタンスの基本ディスク種類
ブロックストレージサイズ(GB) 作成するインスタンスの基本ディスクサイズ
インスタンスの仕様に基づいてサイズが制限される
ネットワーク情報 ネットワーク 作成するインスタンスに接続するネットワーク
複数のネットワークを接続すると、最初のネットワークがデフォルトゲートウェイアドレスに設定される
Floating IP 作成するインスタンスにFloating IPを割り当てるかどうか
セキュリティグループ 作成するインスタンスのセキュリティルール
追加情報 追加ブロックストレージ 作成されるインスタンスに追加で割り当てるディスクの名前、タイプ、サイズを設定
予約スクリプト 作成されるインスタンスで起動直後に実行するスクリプト

[参考] 追加ブロックストレージは予約スクリプトを通してマウントプロセスを踏むと使用できます。予約スクリプトによるマウントプロセスはブロックストレージガイドを参照してください。


[注意] インスタンステンプレートは一度作成すると修正できません。

TOP