Dev Tools > Pipeline > ステージガイド

ステージガイドではPipelineのステージについて基本的な内容を説明します。 パイプライン管理 > +パイプライン作成をクリックしてパイプラインを作成します。作成したパイプラインを選択したら、下部のステージタブで +ステージ追加をクリックしてステージを追加できます。

stage-guide-01

ステージは以下のグループに分かれています。 - ソース - ビルド - 配布 - 機能

ソース

ビルドするソースコードを取得するステージです。

ソース - GitHub

ソースリポジトリ環境設定ソースリポジトリ設定で追加したソースリポジトリを選択できます。ブランチにはビルドする対象のソースブランチを入力します。

stage-guide-02

ソース - GitLab

ソースリポジトリ環境設定ソースリポジトリ設定で追加したソースリポジトリを選択できます。ブランチにはビルドする対象のソースブランチを入力します。

stage-guide-03

ビルド

ビルドを行うステージです。

ビルド - Jenkins

ユーザーが直接構成したJenkinsを利用してビルドできます。ビルドツール環境設定ビルドツール設定で追加したビルドツールを選択できます。ビルドジョブを選択し、ビルドジョブパラメータを入力できます。

stage-guide-04

ビルド - NHN Cloudビルドツール

NHN Cloudで提供するビルドツールを使用できます。 - ビルド環境設定 - 環境設定イメージストア設定で追加したイメージストアを選択できます。 - ビルドする環境のイメージ名を選択し、ビルドツール性能ビルド時間制限(分)ビルドコマンドを設定します。

  • ビルド結果設定
  • ビルド結果物のDockerfileパスを設定し、Dockerfile実行パスを設定します。
  • イメージストアを選択し、イメージ名を決定したらそのリポジトリに結果物をpushします。

stage-guide-05

配布

Kubernetes環境に配布を行うステージです。

配布 - Deploy

環境設定配布対象設定で追加した配布対象を選択できます。 ステージ名配布対象、配布に使用するManifestを入力します。 Manifestを作成する方法はKubernetes文書を参照してください。

stage-guide-06

配布 - Patch

環境設定配布対象設定で追加した配布対象を選択できます。 Namespaceリソースタイプリソース名、配布に使用するManifestを入力します。 Patchで既存リソースの情報を修正できます。 Manifestを作成する方法はKubernetes文書を参照してください。

stage-guide-07

配布 - Scale

環境設定配布対象設定で追加した配布対象を選択できます。 Namespaceリソースタイプリソース名Replicasを入力します。 ScaleでReplicasを修正できます。

stage-guide-08

配布 - Rollout undo

環境設定配布対象設定で追加した配布対象を選択できます。 Namespaceリソースタイプリソース名Revision Backを入力します。指定したRevisionにロールバックできます。

stage-guide-09

配布 - Delete

環境設定配布対象設定で追加した配布対象を選択できます。 Namespaceリソースタイプリソース名を入力します。そのリソースを削除できます。

stage-guide-10

機能

追加機能を提供するステージです。

機能 - Webhook

URLにHTTPメソッドとURLを入力します。必要に応じてリクエストヘッダリクエストデータを追加できます。 Webhookのレスポンス値がFail Fast HTTPステータスコードに入力した値の1つである場合は、すぐにそのそのステージを終了します。

stage-guide-11

TOP