Compute > Auto Scale > コンソール使用ガイド

インスタンステンプレート

インスタンステンプレート作成

スケーリンググループ(Scaling Group)を作成するにはインスタンステンプレート(Instance Template)が必要です。インスタンステンプレートはスケーリンググループを構成する個別インスタンスのコンポーネント情報をあらかじめ定義します。詳細はインスタンステンプレートコンソールガイドを参照してください。

スケーリンググループ

スケーリンググループリスト表示

現在有効化しているスケーリンググループを表示します。リスト表示画面では各スケーリンググループの状態を確認できます。

  • 最小/最大インスタンス:スケーリンググループが生成できる最小/最大インスタンスの数です。
  • 現在のインスタンス:スケーリンググループが現在保有中のインスタンスの数です。
  • インスタンステンプレート:スケーリンググループが使用中のインスタンステンプレートです。
  • ロードバランサー:スケーリンググループが使用中のロードバランサーです。
  • 状態:スケーリンググループの状態です。スケーリンググループのポリシー発動による動作成功可否を確認できます。スケーリンググループの状態リストは次のとおりです。
状態 説明
CREATE_IN_PROGRESS スケーリンググループ生成が進行中の状態
CREATE_COMPLETE スケーリンググループ生成が成功した状態
駆動インスタンスの数だけインスタンスを生成
CREATE_FAILED スケーリンググループ生成に失敗した状態
カスタマーセンターに問い合わせ
UPDATE_IN_PROGRESS スケーリンググループに対する変化が進行中の状態
UPDATE_COMPLETE スケーリンググループの修正や増設/縮小ポリシーが発動して、スケーリンググループが持つリソースに変化が生じた状態
UPDATE_FAILED スケーリンググループに対する動作が失敗した状態
カスタマーセンターに問い合わせ

スケーリンググループ生成

スケーリンググループでは次のような項目を定義できます。

分類 項目 説明
設定 名前 スケーリンググループの名前、英字、 '-'、 '.' 、数字、20文字以内
インスタンステンプレート スケーリンググループが使用するインスタンステンプレート
最小インスタンス スケーリンググループ有効化時、最小限維持されるインスタンスの数
最大インスタンス スケーリンググループ有効化時、生成できる最大インスタンスの数
駆動インスタンス スケーリンググループ最初の有効化時、生成されるインスタンスの数
増設/縮小ポリシー 条件 拡張/縮小ポリシーの発動条件
監視する性能指標、基準値、持続時間を指定
条件演算子 発動条件の間に適用する演算子
andを選択すると、各条件を全て満たした時、ポリシー発動
orを選択すると、条件のうち1つを満たした時にポリシー発動
インスタンス調整 ポリシーが発動した時に生成、もしくは削除されるインスタンスの数
再使用待機時間 ポリシーが発動した後、再発動するまでに待機する時間
再使用待機時間が経過していなければ、条件を満たしてもポリシーが発動しない
自動復旧ポリシー 自動復旧 自動復旧ポリシーを使用するかどうか
ロードバランサー 選択されたロードバランサー 生成されたインスタンスが接続されるロードバランサー
追加ポリシー Deploy連携 増設時にDeployサービスを利用した自動配布機能を使用するかどうか


[参考] 自動復旧ポリシーを使用すると、個別インスタンスに障害が発生した時、そのインスタンスを削除し、新しいインスタンスを作成して置き換えます。 個別インスタンスの性能指標が3分間収集されなかった場合、障害と判断して自動復旧が行われます。 自動復旧は再使用待機時間に関係なく動作します。

[参考] Deploy連携を使用するように設定してスケーリンググループを作成すると、増設時に自動的にアプリケーションを配布するようにDeployサービスに登録できます。 詳細はDeployガイドを参照してください。 Deploy連携機能は2021年07月現在、韓国(パンギョ)、韓国(坪村)、日本(東京)リージョンでのみ提供されます。

ロードバランサー変更

スケーリンググループにロードバランサーを接続したり、接続されたロードバランサーを除去、交換できます。接続するロードバランサーはあらかじめ作成されている必要があります。

[参考] すでに接続されているロードバランサーにリスナーを追加しても、現在のスケーリンググループのインスタンスが自動的に新しいリスナーに接続されません。 新しいリスナーに接続する時は、ロードバランサーの接続を解除して、再度接続する必要があります。


[注意] ロードバランサーを変更すると、現在のインスタンスは削除され、新しいインスタンスが作成されます。

スケーリンググループ停止

スケーリンググループリストから任意のスケーリンググループを選択して一時停止します。停止したスケーリンググループはスケーリンググループ開始ボタンをクリックして起動できます。

[参考] 一時停止したスケーリンググループの状態は黄色で表示されます。 一時停止したスケーリンググループはインスタンス数、スケーリンググループポリシー変更、ロードバランサー変更、予約作業作成などを含むすべての操作機能が制限されます。 また所属インスタンスが停止するため、統計グラフも使用できません。

詳細情報表示、修正

スケーリンググループリストから、スケーリンググループを選択して詳細情報を確認します。

詳細情報画面で 編集を選択すると、スケーリンググループの属性を修正できます。スケーリンググループを修正して使用中のインスタンステンプレートの変更や最小、最大、駆動インスタンスの変更ができます。

ポリシー表示、実行

スケーリンググループリストから、スケーリンググループを選択してスケーリングポリシーを確認します。

スケーリングポリシー画面で編集を選択すると、スケーリングポリシーを修正できます。また拡張/縮小ポリシーで実行を選択して強制的にポリシーを発動できます。

予約作業表示、生成

スケーリンググループリストから、スケーリンググループを選択して予約作業を確認します。

予約作業を通して指定された時間にスケーリンググループの最小、最大、駆動インスタンスの数を調整できます。 予約作業は一度のみ実行するか、周期的に実行するかを設定できます。

予約作業を生成する時に必要な項目は次のとおりです。

項目 説明
名前 予約作業の名前
変更項目 予約作業が変更するスケーリンググループの属性
最小、最大、駆動インスタンスの中から1つを選択
変更項目で指定した属性の新しい値
指定した時間帯に変更項目から選択した属性をこの値に修正
繰り返し 予約作業の繰り返し有無
1回またはCron式の中から1つを選択
Cron式 繰り返しをCron式に選択した場合に有効化する
開始時間 予約作業が始まる時間
繰り返しを1回に選択した場合、開始時間に予約作業実行
繰り返しをCron式に選択した場合、開始時間を起点にして周期的に予約作業実行
終了時間 予約作業が終了する時間
繰り返しをCron式に選択した場合に有効化する

[参考] Cron式は予約作業の実行時間、周期を表すための式です。

Cron式は5個の項目で構成され、各項目はスペースで区分します。項目ごとの意味は次のとおりです。

項目 許容範囲 使用可能な特殊文字
0-59 * , -
時間 0-23 * , -
1-31 * , - ? L W
1-12
JAN-DEC
* , -
曜日 0-6
SUN-SAT
* , - ? L #

各項目では数字または特殊文字を使って実行時間を指定します。正確な文法は次のとおりです。

特殊文字 意味
* 全ての時刻
- 範囲
, 特定の時間
/ 増加量
L 最後の時間
W 最も近い平日。 項目でのみ使用可
# N番目の曜日。 曜日 項目でのみ使用可

Cron式の使用例は次のとおりです。

0 10 * * *:毎日10時0分に実行
0/20 15 * * *:毎日15時0分から20分間隔で実行、つまり15時0分、 20分、 40分に実行
0 12-15 * * *:毎日12時、 13時、 14時、 15時0分に実行
0 0 15 6,7,8 *: 6月7月8月15日0時0分に実行


[注意] 予約作業の開始時間は、現在時間の3分後以降にのみ指定できます。スケーリンググループが変更中の場合、予約作業の実行は遅延することがあります。

生成したインスタンスリスト表示

スケーリンググループリストから、スケーリンググループを選択し、生成したインスタンスリストを確認します。

[注意] スケーリンググループが生成したインスタンスは、インスタンス商品のリストにも表示されます。しかし、ユーザーが任意で操作することはできません。

統計グラフ表示

スケーリンググループリストから、スケーリンググループを選択し、統計グラフを確認します。

[参考] 統計グラフを通して、スケーリンググループに属するインスタンスの直近1日間の平均使用量を確認できます。また、増設または縮小時点と原因を把握できます。

統計グラフは、次のようなシステムリソースに対する統計データを提供します。

システムリソース 提供する統計データ
CPU使用率 スケーリンググループに属するすべてのインスタンスのCPU使用量の平均
メモリ使用率 スケーリンググループに属するすべてのインスタンスのメモリ使用量の平均
ディスク転送率 スケーリンググループに属するすべてのインスタンスの1分当たりのディスク読み取り/書き込みデータ量の平均
ネットワーク転送率 スケーリンググループに属するすべてのインスタンスの1分当たりのネットワーク送信/受信データ量の平均

各グラフは5分間隔まで拡大して閲覧でき、最小1分単位の統計データを提供します。

[参考] 統計値を取得するためには、スケーリンググループに属する各インスタンスのデータを収集する必要がありますが、すべてのインスタンスのデータを同時に収集することはできません。そのため、直近数分間は一部インスタンスのデータがない場合もあります。統計値は収集されたデータがないインスタンスを除外して計算されます。したがって、後に抜けていたインスタンスのデータが収集された場合、値が変更されることがあります。すべてのインスタンスのデータが収集された後は、常に同じ値が提供されます。

TOP